コロナ備忘録 - 喉の痛みで寝れない人へ -

  • 日常

8/11から新型コロナウイルスに感染し、8/21現在、ほぼ全快したので今回の記録を残しておく。

喉の痛みに苦しんでいて夜も寝れない人は是非読んでみてほしい。

症状

うちは4人家族で、その内3人が感染したのでその辺りも並行して記していく。

-2日目

妻が喉の痛みを訴え始める。
かかりつけの病院で発熱外来を予約しようとしたところ、3日待ちで断念。
嫌な予感がしたので、妻だけ1階で寝て、自分と子ども2人は2階で寝るよう分離。

-1日目

仕事合間に抗原検査キットを買いに行く。
薬剤師がいる店舗でしか売っていないらしく、3店舗目にて発見。(ドラッグセイムス)
アボットの抗原検査キットをいくつか購入。
1個2000円くらいした。

家に帰って、妻が検査してみてコロナ陽性が発覚。
妻以外は特に症状なし。

0日目

自分も微妙に喉に違和感を覚え始める。
痛みまではいかない、違和感レベル。
妻は完全にダウンしていたので、家族4人分の炊事、洗濯などを行う。
休日だったので、家の庭でプールを出して、子どもたちに遊ばせていた。

1日目

自分も熱が上がってきて、38℃台になる。
関節痛も出始めて、コロナのワクチン接種時の副作用にかなり近い感じの症状になる。
抗原検査を行ったところ陽性が判明。
妻はこのあたりから徐々に回復し始める。
子ども2人はまだ無事。
2階の仕事部屋で自分は寝て、子どもは2階の寝室、妻は1階で寝る。

2日目

前日にずっと寝込んでいたせいか、関節痛は良くなってくる。
新たに頭痛が出てきたのと、熱は依然として38℃台後半。
妻はほぼ回復。
代わりに娘が突然39℃台の熱が出始める。
みなし陽性として良さそうだった。

3日目

熱は37℃台まで下がり、身体は全体的に良い感じに戻ってきた。
もう回復間近と思い、UberEatsで豚丼大盛りを頼んだり、家でラーメン食べたりする。

娘は40℃台に突入し、暑さに苦しむ。(痛みとかは特になさそうだった)
この日は娘と一緒に寝室に篭り、熱が上がったらカロナールを飲ませるのと、水分補給させるのをひたすら繰り返す。
ずっと38〜40℃を行ったり来たりしていた。

4日目

急に喉が激しく痛くなってきて、唾を飲み込めないレベルになる。
Twitterで情報を探し、ベンザブロックLプレミアムが良いと知り、買いに行く。
痛みと炎症を抑えるイブプロフェンと喉の痛みに効くトラネキサム酸を含んでいるので期待は大。



飲んでみると、多少は良くなった気がした。
が、寝る頃には元の痛みが復活しており、鼻詰まりも相まって、かなり呼吸しづらい状態に
(酸素濃度的には問題ないのだが、鼻と口塞がれているのがキツかった)

寝てると息が詰まって死にそうになるので怖くて寝れず、夜中3時くらいからずっと起きていた・・・。

5日目

喉の痛みが治る気配なく、絶望していた。
ちゃんと病院に行こうと思い、朝から電話するもなかなかつながらず。
やっとつながった先では、コロナ陽性は受け入れていないと言われ、神奈川県のコロナ119に電話しろと言われる。

コロナ119に電話したところ、自宅療養者に対しては酸素濃度が低くならない限り、体調チェックしか出来ないんですと言われ、病院の紹介なども断られる。

完全に諦めていたが、夕方に近所の病院に泣きの1回で電話したところ、奇跡的につながる。
発熱外来は2日埋まっていると言われたが、喉の痛みと自宅療養中ということを伝えたら、差し込みで見てもらえることに・・・(奇跡!ありがとう!)

サッと診察されて、薬をいくつか出されて終わった。

  • ツムラ漢方葛根湯加川芎辛夷エキス顆粒
  • イブプロフェン200mg
  • カルボシステイン250mg
  • トローチ0.25mg


トラネキサム酸は無しか・・・と残念に思ったが、医師の処方に従おうと思い、そこから上記を飲むように変更した。
市販のベンザブロックと比べて良かったのは、イブプロフェンを頓服として寝る前に飲むことができたこと。
これで夜中眠れないほどの痛みではなくなった(それでもかなり痛かったが)
この日はちゃんと眠れた。(鼻詰まりがなくなったのも大きかった)

ちなみに食事は喉を通らないので、朝・昼はゼリーのみ食べ、夜は空腹がキツかったので何とかうどんを食べた。

6日目

喉の痛みは依然として変わらず。
いつまでこの痛みに耐え続けなければならないんだ?という焦りが生まれ始めた。

そこでふと気付いたのが、痛みに耐えるために歯を食いしばって毎回唾を飲んでいるということ。
これを我慢して歯を食いしばらず、飲み込んでみると痛みが半減した。

それ以降、可能な限りリラックスして唾を飲み込むことを心がけ、ちょっと救われた。

イブプロフェンは2回しか飲めないと言われていたので、朝と就寝前に飲むようにした。

食事はひたすらうどんばかり食べていた。

7日目

やっと喉の痛みがちょっとだけ良くなってきた。
食事も普通のものをめっちゃ良く噛んで食べられるようになってきた。

8日目

喉の痛みが9割回復した。
咳が新たに発生。そこまで酷くはない。

9日目

喉の痛みが全快した。
咳は続いている。

気付いたこと

鼻詰まりの解消法

今までは詰まっている側を上向きにして横になることで解消させていた。
Twitterにて、詰まっているのと反対側のわきの下を圧迫すると治るよと言われ、試してみると数分で解消することが分かった。

(自分の横になる方法も根本的には逆側の脇の下を圧迫しているのと同じかもしれない)

薬の成分

喉の痛みに最も役に立ったのはイブプロフェンだと思う。
痛み止めと炎症を抑える効果がある。

一日の最大摂取量は600mgで、市販のベンザブロックLプレミアムもMaxの600mg含まれていた。
ただ、市販の場合は食後ということで、特に夕飯の時間が早いと寝ている間に効き目が切れてしまう恐れがある。

その辺りのタイミング調整を上手いことした方が、就寝時にツラくならなくて良い。
出来れば単体のイブプロフェンを病院で処方してもらったほうがタイミングは操作しやすいと思う。
(ただ、どちらにしろ確か胃に何か入っている状態で飲むべきとあった)

喉の痛みのツラさ

完全に舐めていて、たかが喉の痛みだろうとたかを括っていたが、一番キツかったのはそこだった。
針で突き刺すような痛みで、唾を飲むたびに痛むので、1日に何百回と耐えなくてはならない。

あまりに痛いので、ほとんどの人は唾を飲み込む時に歯を食いしばっていると思う。
歯を食いしばると自然と喉が狭まるので余計痛めてしまう。

そこを敢えて歯を噛み締めず唾を飲み込む術を身につけると良い。

また、熱がある間はスポーツドリンクなどを飲んだ方が良いと思うが、喉には結構厳しい。

個人的にはハチミツをたっぷり入れたコップにショウガチューブを2cmとレモン汁を入れ、最後にお湯で溶かして飲むと良い感じだった。
熱いと沁みるかもしれないので、氷で冷やして飲むと良い。

食べ物は冷たいゼリー系は喉を痛めずに食べられた。
うどんも比較的マシだったと思う。
辛いものやゴツゴツしたもの(揚げ物など)は食べてはならない。

結果、喉の痛みのピークは3日ほどだったと思う。
永遠に続いてしまう恐怖があったが、3日だと思えば何とか頑張れるのではなかろうか。

まとめ

喉が痛くて苦しんでいる人は次のことを試してみてほしい。

  • 唾を飲み込む時は歯を食いしばらない
  • イブプロフェンを就寝1時間前に摂取する
  • 睡眠と食事は何とかして取る


個人的は痛みで寝れない&食べれない → 免疫力低下でさらに悪化という悪循環が一番キツかった。
あとは、まだ喉の痛みが初期段階でも喉のケアはしっかりした方が良い。
喉に悪い食べ物・飲み物は避けましょう。

同じく苦しんでいる誰かの助けになると嬉しいです。

柴田 和祈 Twitter GitHub
株式会社microCMS 共同創業者兼COO / デザイナー兼フロントエンドエンジニア / ex Yahoo / 2児の父 / 著書「React入門 React・Reduxの導入からサーバサイドレンダリングによるUXの向上まで 」

Recommended